占いが当たらないのはなぜ?理由を詳しく解説します!

せっかく占ってもらったのに全然当たらなかった!」「占いなんて当たるはずがない!

このような言葉を見たり聞いたりしたことはないですか?悩みをなんとか解決しようとお金を払って占いを利用したのに、当たらなかったらすごく残念ですよね。

しかし、初めにはっきり言ってしまうと、占いは100%当たるわけではありません。

当たるときも当たらないときもあります。

では、なぜ当たらないときがあるのでしょうか?

それにはきちんとした理由があるのです。

そこで今回は、

  • 占いが当たらない理由
  • 占いが当たる当たらない以外に大切なこと

について徹底解説します!

占いが当たらないという人や、これから占いを利用しようと考えているひとはぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

占いが当たらない理由とは

まずは本題である「占いが当たらない理由」について解説します。

占いが当たらない理由は主に4つ。

占い師の技術が未熟だった

占いが当たらない理由として1番多いのが、占い師の技術が未熟だったからということ。

どうして技術が未熟な占い師が存在するのかというと、占い師になるのに資格を取得したり学校に通ったりする必要がなく、極端な話が「占い師」と名乗るだけで誰でもなれてしまうためです。

大半の占い師がしっかりと占いを学び、先輩の占い師の元で研修をしますが、なかには大した勉強をしないまま占い師を名乗る人がいるのも事実。

また、ある程度経験を重ねていても、当たり障りのない言葉を並べるだけの適当な占い師もいます。

占い師の技術というのは、豊富な経験や知識はもちろん、あたなの悩みに寄り添い的確なアドバイスができるかどうかも大事な要素のひとつ。

それが伴っていない技術が未熟な占い師に出会ってしまったときに、「占いが当たらない」という事態がおきてしまうのです。

占い師との相性が悪かった

学校や職場の人間関係でも相性が良い人・悪い人がいますよね。

それと同じで占い師との相性も存在します

例えば、気が弱い人に対して悪い結果をはっきりキツイ言葉で伝える占い師だとどうでしょう?

また、はっきりと結果を言ってほしいのに優しくオブラートに包んだ伝え方をする占い師だと、「何を言いたいのかよくわからなかった」と思ってしまうかもしれません。

占い師も十人十色ですから、優しい癒し系なタイプもいれば、辛口なお説教タイプもいます。

占いの結果をどのような言葉で伝えるか、それが自分の性格に合っているかが相性を判断する上で大事なポイントなのです。

また、なんとなくこの人とは合わないな…と思った相手に、悩みをすべて打ち明けるのは難しいですよね。

心を開いて相談できないと、満足できる鑑定にならない可能性があります

その占い師の考え方や伝え方が好きか、自分の悩みを上手く聞き出してくれたか、これらを満たしていれば相性の良い占い師といえるでしょう。

逆にこれらを満たしていなければ、あなたにとって相性の悪い占い師であり、結果的に「占いが当たらなかった」と感じてしまう可能性があります。

結果を盲信し、自分自身の努力を怠ってしまった

占いの結果を盲信し自分自信の努力を怠ってしまっては、明るい未来を引き寄せることはできません

例えば、元恋人との復縁を望む人に占い師が「昔のように仲の良かった2人に戻れる」と告げたとしましょう。

そのアドバイスを受け復縁ができるよう努力を続けられればいいのですが、鑑定を聞いたことで安心し、なにもアクションをおこさなければ復縁が遠くなってしまうかもしれません。

また同じように、「今の仕事は天職」と告げられたことで、天職であるという言葉に胡坐をかきスキルアップの努力を怠ってしまっては、いつか上手くいかなくなる可能性がありますよね。

占いの鑑定結果というのは、残念ながら魔法の言葉ではありません。

結果を受けて、自分自身がどのような行動をしていくかがとても大切

それに気づかず、自分自身の努力を怠ったことが上手くいかなかった理由であるのに、「占いが当たらなかった」と思い込んでいる人もいるのです。

いい結果以外を信じないから

占いが当たる当たらない以前に「いい結果しか信じていない」という人も多くいます

占いは人を元気にし、いい方向へ導くためのものですが、悪い結果が出ることももちろんあります。

アドバイスを受け、それを変える努力ができればいいのですが、なかには最初から「いい結果以外は信じない!」という人もいるのです。

例えば、結婚を考えている人が「今の恋人とは相性が悪い」と言われたとしましょう。

そこで自分の欠点を直したり、恋人とのコミュケーションを密にしたりという努力ができればいいのですが、いい結果しか信じない人は「占いが当たらなかった」と最初から思い込んでしまう可能性があります。

人は悪いことは信じたくないもの、もちろん信じるか信じないかはその人の自由です。

ただ、そういった方が口コミなどで当たらなかったと書くことによって、「占い=当たらない」という風潮が広まっている可能性があります。

占いが当たる当たらない以外に大事なこと

テレビや雑誌の占いは軽く流し見する程度でも、自らお金を払って利用するときというのは心に何か悩みを抱えていることが多いですよね。

お金を払って利用する以上、当たらないより当たってほしいもの。

けれども、占いには当たる当たらない以外にも大事なことがたくさんあるのです。

占いはより良い人生を歩むためのヒント

占いは「より良い人生を歩むためのヒント」をくれるものです。

占いを利用することで自分自身を見つめ直すきっかけになるかもしれません。

何か決断をするときに背中を押してくれることもあるでしょう。

また、家族や友達には相談できないような悩みを吐き出すことで、心を軽くすることもできます。

人生には頑張っても報われないこともあるし、自分で決めたことでも自信がもてないときもあります。

そういったときに、誰かがアドバイスをくれて進むべき方向を示してくれたら、また前に進むことができますよね。

このように占いは、悩みを解消し進むべき道を示してくれる、より良い人生を歩むためのヒントになるのです。

どんな結果でも運命を決めるのは自分自身

占いの結果をもとにどう行動するか、それは最終的に自分で決めなくてはなりません。

占いの結果がいいことであっても悪いことであっても、結果とアドバイスを受け止めて自分自身がどう行動をしていくかが大切です。

自分にとっていい結果が出たならば、それを維持・実現できるよう努力しなければ「占いが当たらない」ということになります。

また、逆に悪い結果であったなら、あなたの行動次第でいくらでも変えていくことができるんですよ。

どんな結果が出ても最後に運命を決めるのは自分自身。

占いの結果とアドバイスを受け止めて、どう活かしていくか自分の心の声をしっかり聴いてあげましょう!

まとめ

いかがでしたか?

占いが当たらない理由は

  • 占い師の技術が未熟だった
  • 占い師との相性が悪かった
  • 結果を盲信し、自分自身の努力を怠ってしまった
  • いい結果以外を信じないから

というように、当たらない理由は人それぞれです。

当たる占いを利用するには、しっかりと技術がある相性のいい占い師に出会うことが大切です。

今はネットでも占い師の口コミを調べることができますので、ぜひあなたにぴったりの占い師を見つけてくださいね。

そして、占いは進むべき道のヒントくれたり、心を軽くし元気にしてくれたり、当たる当たらない以外に得るものもあります。

なにより大事なのは自分自身の心の声を聴いてあげること。

どんな結果が出ても、占いを通して自分自身と向き合い、アドバイスをもとに行動をおこしていけば、きっといい方向に進むはずです。

明るい未来を引き寄せられるよう、占いを上手に活かしてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事