スピリチュアル占い師のTomoちゃんに取材!魂の世界から見た地球とは?

「周りの人が普通に出来る事をどうして自分は出来ないのか」「他の人とは違う自分に劣等感を抱いている」と悩んでいませんか?

もしも周りとは違う苦しさを経験し、抜け出したいと考えているなら、スピリチュアル占い師のTomoちゃんに相談してみてはいかがでしょうか?

スピリチュアル占い師のTomoちゃんは生きづらさを抱えながらも、自分が発達障がいである事に気付き、どうしたら自分らしく生きる事が出来るのか考え抜き、今では楽しく生活を送っているスピリチュアル占い師さんです。

また、素敵な守護霊さんと出会ったことがキッカケで、亡くなった方(魂の世界)との交信が出来ます。

そこで今回は、魂の世界から見て、マイノリティの方が生きやすくなる方法や魂の世界にいる方が考えている事など根掘り葉掘りインタビューをさせて頂きました。

「周りと違うけどポジティブに生きたい」「亡くなった方とお話をして前に進みたい」と考えている方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

多い相談内容は?


——どういう悩みを抱えている人が多く利用するのか教えてください

Tomoちゃん:一番多いのは亡くなった人や亡くなったペットとの交信です。

「亡くなった方からメッセージを受け取りたい、アドバイスをもらいたい」「生前、私の事をどう思っていたのかを知りたい」と言う悩みが多いです。

亡くなった方からのメッセージでは、降りてきたメッセージをお伝えしますが、同時に魂の仕組みについてを教える場合があります。

亡くなった方のいる世界は、魂の世界・光の世界・天国・高次元などと言われていますが、守護霊さんが「魂の世界から地球を見てみると、無駄に我慢をして、どうでも良いしがらみに囚われている人達ばかりで勿体ない」といつも言います。

なので、まずは亡くなった方の世界について一緒に学び、しがらみを取っ払い、自分の人生を生きるという事はどういう事なのか改めて向き合い、話し合って解決方法を促します。

ただ、そのしがらみを引っ張りだすと、大体は親子の問題が多いです。特に毒親問題が挙げられますが、親に問題があって子供に被害が及び、子供が自尊心を傷付けられています。

もし、毒親がやっている事を他の近所の人や会社の上司に当てはめたとしたら「関わりたくない人」となるでしょう。結局、家族だから何を言っても良いと無意識に刷り込まれているのです。

皆さんたくましい能力を元々持っています。私は生まれつき霊感やスピリチュアルな能力があった訳ではありませんが、自分で能力を引き出すことが出来ました。

能力を引き出す為にまずは自己肯定力をアップしてもらわないといけないので、特にマイノリティの方や生きづらさを抱えている方に対しては「あなたが存在していることが素晴らしいんだよ」という事を中心にお話をします。それから能力を引き出す為の方法やアドバイスをします。

また就職・転職についての悩みも多いです。お仕事に関しては人生を変えたい方が「会社を辞めて別の会社で働きたいけど、どこから手をつけたら良いのか分からない」という悩みが多いです。

私は、お客様に対して「自分の好きな事は何か、興味がある事は何か」と魂の本質的な部分を洗い出す質問をします。

やっぱり、好きな事でないと仕事は続きませんから、好きな事を掘り出して、これまでどういう経験があったのかを聞き出し、チャネリングで得た情報も交えて私の知り得ている知識を提示し、一緒に考えてアイディアを出し合います。

あと結婚や恋愛の悩みについては、私は結婚をしており、今の旦那さんとは地球に来るより前にいたアルクトゥルスという星で夫婦だったのでソウルメイトと実際に結婚している事をリアルに伝えられます。

——ソウルメイトとはなんですか?

Tomoちゃん:ソウルメイトは、魂の伴侶・ツインソウルなど色々と呼ばれていますが、ずっと繋がりを持ち地球上で使命を果たさなければいけない関係がソウルメイトです。

私の場合は、お互い得意・不得意が真逆です。私はお話をしたり文章をまとめたりするのが得意ですが、旦那さんは話をしたり文章をまとめるのが苦手で、逆に計算が得意でお仕事も理工学系です。

だからこそ協力し合い世の中に還元をしなくてはいけません。違う者同士が協力し合うことによって地球を発展させることが出来るのです。

例えば、マイノリティの方の為に活動をするのは、人からの批判もありますので、それなりに勇気がいることですし批判を恐れてはいけません。

その点では、私と旦那さんは、2週間に1回インターネットで発達障がいに関する生配信をしています。

最初は生配信は無理だと思いましたが、それよりも伝えたい気持ちが先行して思い切って配信をするとリスナーさんが増えて、今では2ヶ月に1回神奈川県の相模大野で発達障がいの当事者さん達と集まりお話をする「月仲会(つきなかかい)」という相談茶話会まで催しています。

中には金沢や静岡など、わざわざ遠くから来て下さる方もいます。

私達の場合、このように「人を繋ぐこと」がソウルメイトとしての仕事であり、旦那さんとお互いに出来る事や能力を思い出して湧き上がるエネルギーや周波数(エネルギーの振動数・波動)を外に拡散していく役割があります。

——ソウルメイトって素敵ですね。

Tomoちゃん:最初から「ソウルメイトはこういうものだ」と思い込み、探し求めると逆に出会いにくくなってしまいます。

また、ソウルメイトや世界を変えていく人は大体、苦い経験をしています。イジメや虐待などヘビーな悩みを抱えている人ばかりですから、ソウルメイト同士が即幸せかというと人それぞれ人生経験や価値観にもよると思います。

Tomoちゃんの特徴とは?

——お客様からどんな先生と呼ばれますか?

Tomoちゃん:見た目は真面目で気難しそうと言われますが「フレンドリーで包み隠さず伝えてくれる」と言われます。

私は亡くなった方のメッセージを受け取りますが、亡くなった方や高次元の「愛から来る、どうしても伝えたい想いやメッセージ」が多過ぎるので、次から次へと情報が来て、三次元(こちら側の世界)に言葉を落とし込むのにタイムラグが生じます。

なので、多少くだけた表現でお話をしないと情報が追いつかないので、敬語を崩したフランクな感じでお話をすることがあります。

実は、丁寧に喋ることを頑張ってみたのですが、良い意味でそれを諦める事にしまして。(笑)しかし、諦めたことでメッセージのダウンロード率が格段に上がり、的確に詳しくお話が出来るようになり、この話し方が安心できて好きということで個人セッションを受けられるリピーターさんも急激に増えました。

また、鑑定能力で言うと「物事の本質を見抜く、力を引き出してくれる、目から鱗だ」と言われます。

目の前の問題に対し解決策だけを言う占い師さんもいますが、私は「魂の世界から地球を見下ろし、地球上で魂の修行や学びを楽しみながら得る為にはどうしたら良いのか」という視点でお話をしているので目から鱗だと言われているのだと思います。

——ご自身で考える自分の強みとは何ですか?

Tomoちゃん:私は生きる事に対して俯瞰して見ることが出来ます。

例えば、我々人間が地面を這っているアリさんを見下ろしているとします。アリさんが忙しなく動く中で「このアリさんとこのアリさんは恋人関係かな」「このアリさんは残業をしているな」とわざわざフォーカスして見ることはないと思います。

これは亡くなった方や魂の世界から見えている景色に似ていて、更にそこへ「存在そのものが美しくて素晴らしく、愛おしい」という宇宙的な愛が加わった感覚というのが、亡くなった方や高次元の存在達の私たちに対する心境になります。

先程も言いましたが、人はどうでも良い事にしがみついてばかりなので、私はそういった「深く突き詰めたら実はどうでも良い事」を外していき、本当に必要な事を集中してやるにはどうしたら良いのかお客様と一緒に考えます。

あとは、私自身発達障がいの当事者ということもあり、マイノリティだからこその視点を持っています。

私は皆と同じ事が出来ず、しんどかった経験があります。しかし、社会に溶け込む必要があるので対策を考える事にし、その過程で皆と一緒になろうとするのではなく、皆の近くにいる為にはどうしたら良いのか方法を考えました。

例えば、遅刻をしてしまうのであれば、普段よく見る居間の時計の針を10分早くして、10分前行動を心がけたり、遅くても2時間前には起床して、出かける際のアラームを20分前にセットする…というようにすれば、万が一トラブルが起こっても対処出来、遅刻をせずに出発できます。

そんな風に、私はお客様の出来る範囲から得意なことを伸ばす方法や苦手なことを工夫する方法をお伝えすることもします。

占いで心がけていることは?


——占いをする際に心がけていることを教えてください

Tomoちゃん:全ての出来事は必要だから起きています。進む方向が合っていれば問題は解決出来るはずです。

しかし、先に解決しなければいけない問題を片付けないと、どうしても前に進めません。

例えば、恋人を見つけたいと考えた時、不思議なことに性格などが父親に似た人とのご縁ばかりで、本当に出会うべき人に巡り合えないケースがあります。

しかし、父親に似た人を見つけてしまうのは「お父さんに理解されたかったから」という理由もあります。

ともすれば、父親に理解され愛されていると思わなければ先に進めない可能性もありますね。こんな風に根本的な問題も含めて解決をすれば色々な問題から解放されやすくなります。

また、泣くことはヒーリング効果があり心が冷静になるのですが、泣くことを我慢している方が多く、そこから鬱に発展してしまう方も多いです。

なので私は「セッション時は、泣く為の時間なので思う存分泣いて下さい。」とお伝えします。

また、亡くなった人や亡くなったペットとの交信を受ける方に対しては「十分な睡眠を確保しているか」「ご飯は食べられているか」生活状況も聞きます。

生活状況も聞く理由としては、心の病気や健康に問題が生じているという可能性も考えられるからです。

なので私は、残された遺族の方に対するグリーフケア(悲嘆状態のケア)を行い、問題を解決するベースを整え、その後に押し付ける事はせずに解決策を一緒に考えることを大切にしています。

人の人生経験や見えているゴールは、自分と相手とでは必ずズレが生じます。

例えば、犬をイメージした時にポメラニアンを想像する方もいれば、秋田犬を想像するい方も居るかと思います。

そんな風に私とお客様の見ている景色は違うこともあるので、まず目指しているゴールをヒアリングし、その他ご希望など伺った事を確認する作業も絶対に怠らないです。

それから、進む方向性をすり合わせて、その方向に進む為にどうしたら良いかカードを引く事もあれば、ヒーリングやエネルギーを流しアドバイスをする事もあります。

また言葉だけでは抽象的で伝わりづらいので、絵を描きながら説明をして分かりやすさを重視しています。

様々な角度や手段を通して自分には何が出来て、どこに力をかけるべきなのか、一緒に考えお話をします。

印象的な相談者さんのエピソードを教えて下さい

Tomoちゃん:最初は「会社の上司と意思疎通が出来なくて会社に居づらい」と仕事に関する相談だったのですが「自分なんてどうせ出来ない。今の年齢では出来ない。」とネガティブワードを多く発言していた方でした。

お客様は上司の叱責がとても辛く、上司からの叱責と子供の時に親から怒られた事が噛み合ってしまい、恐怖を感じていました。

また、お客様の親は過干渉で、ずっと「あなたは駄目な子だ」と言われ、お客様自身、自分の思い通りに人生が進むのは無理だと諦めかけていました。

しかし、お客様は変わりたいから私に相談をしてくれているので、最初は気持ちのクールダウンも兼ねてヒーリングでエネルギーを調整し、それからチャネリングタロットを行いました。

私はタロットを引き「周りからの評価は実は高い」「あなたは本当はこういう素晴らしい所があるよ」と鑑定結果をお伝えしながら、セッションを通し、自分の良い所を探してもらい、今まで知らなかった本当の自分を知り、自分らしい人生は何か向き合ってもらいました。

それから子供の頃の思い込みの枠組みを変えるリフレーミングを行い、自己肯定力を上げることを中心に少しずつお客様の根本にある問題を解決していきました。

上司との意志疎通に関しては、お客様の話を聞いている限り上司の話し方が下手だった事が分かったので「外面は威張っていても、中身が伴っていない人もいるから、萎縮しないで適当さを持って取り組んでごらん。気楽に過ごして良いんだよ。」とお伝えし、その結果少しずつ仕事も上手くまわって作業効率も格段に上がるようになり笑顔も増えました。

占い師さんの選び方は?


——信用出来る占い師さんの選び方などあれば教えて下さい

Tomoちゃん:そもそもなのですが、相談先を間違えている方が多い印象を感じます。

相談先を間違えて自分の望む結果を得られず、自分の思い通りの返事を言われずに「当たらない」と思ってしまう方がいるので、時間やお金が勿体ないと思います。

何でも占いに相談してしまうと満足する結果に繋がりにくいので、お客様自身で出したい結果や目的によって相談先を変えた方が良いと思います。

例えば、亡くなった人と交信をする場合に、どうして交信をしたいのか事前にヒアリングをするのですが、「生前にこんな事を言われて納得出来ていないから。」と文句を言いたいだけの方がいます。

私はそういう場合はお断りをします。亡くなった方であっても「親しき仲に礼儀あり」です。

そういった方は自分の思い通りにしたい気持ちが強く、自分の本当の問題から目を逸らしているだけなので、まずは自分の不足している部分を認めてご自身を信じて大切にする方法を知る事が良いと思います。

それから占い師側もお客様に対して満足できる対応をしたいので、自分の悩みを恥と思わず、出来るなら腹を割って話して欲しいです。

例えば、亡くなった方との交信のご相談の中では「愛人が亡くなって辛いんだ」と生前の関係性なども含めてハッキリ言わないお客様が多いです。

不倫関係であってもお付き合いしていた事実に対して胸を張らず、自己肯定力が弱い状態のままメッセージを受け取っても、亡くなった方から「愛しているよ。幸せだったよ。一緒にいてくれてありがとう。」とポジティブワードを言われてもお客様の心には響きません。

なので、どのようなご相談内容でも腹を割って相談をして頂くと、ご自身が本気で解決したいというエネルギーがきちんと高次元にも伝わり、私も本気で向き合えて、相乗効果で解決の方向に促しやすくなりますから、相談内容に対して恥だと思わない方が良いです。

また、「占いやリーディング」と「カウンセリング」は近いですが微妙にゴール地点が違います。

「ただ話を聞いて欲しい」「自分の思い通りにしたい」という場合は、心理カウンセリングや催眠療法、愚痴聞き屋さんを利用した方が良いと思います。

「自分の思い通りの答えにならないと嫌だ」という方はアドバイスを聞く余裕がありません。仮に私がアドバイスをしても、その場だけ満足して、アドバイスした事を実行する人はほぼいないでしょう。

私もカウンセリングに通った事があるので分かりますが、中には具体的な解決策を伝えてくれる方もいますが、基本的にカウンセリングは聞いた事をオウム返しのような形で返答することが多いです。

それが「自分」との対話を促す事に繋がります。「自分の心はどこにあるのか客観的に見つめ、冷静になり、狭まった考えを広げていくこと」がカウンセリングの目的です。

対して占いやリーディングは、「目の前にある問題の裏に隠れている気付きや学びを知っていく事」が目的で、そこで初めて効果的な解決方法が見つけられます。

私は鬱病だった時期があり、しんどい経験もしました。そこから、こだわりを捨て、フラットな状態になることが、可能性を広げ、チャンスを得られる事だと分かりました。

なので、チャンスを受け取りやすくする手段や器の広げ方などをお伝えするのが占いやリーディングの領域だと思います。

問題を直視できない心境だったり、メンタルが強くない時に占いやリーディングを通して解決策を言われても行動力がない人にとって、心が痛くてしんどいだけだと思うので、一度、話を聞ける状態を作ってから相談に来た方が良いと思います。

なので、信用の出来る占い師さんを見つける為にも、まずは自分の心と向き合い、今の自分の心の状態や想いに合った相談の仕方に着目してみましょう。

——利用者も自分の心を見つめ直し、相談の仕方を考えた方が良いんですね。そこから信用のできる占い師さんを選ぶ場合は何を基準に選んだら良いのでしょうか?

Tomoちゃん:占い師さんの中には売り込みが苦手でSNSを使いこなせない方がいますが、ネットが苦手な占い師さんの中にも良い占い師さんはいるので見つけられないのは勿体ないと思います。

なので、信用の出来る占い師さんを選ぶ点で言うと、プロフィールには人生経験が集約されていますから、プロフィールを読んで、親しみや共感を持ったり、自分の悩みに則した対応が出来そうな人を選んだら良いと思います。

例えば「子供を亡くし、子供のメッセージを受け取りたい」「子育てのアドバイスが欲しい」という方は、子供を亡くし乗り越えた経験がある占い師さんや子育て経験のある占い師さんを選んだ方が寄り添って悩みを聞き出してくれますから、安心感が増し的確な解決策を伝えてくれます。

あとは、占い師さんが自分のSNSで「今日は占い師さんのリーディングを受けてきました!」と他の方のセッションを受けてみた喜びの感想などを投稿している方は学んだり向上心がある方なので良いと思います。

スピリチュアルな情報やエネルギーは生き物なので、目まぐるしく変化し、すぐに過去のものとなりますから、占い師と言えど成長すること、進化すること、学ぶことを怠ってはいけないと思います。

私は亡くなった方を専門にしていますが日本の神仏は疎いです。一方、九星気学や神仏が得意な方もいます。

そんな風に、スピリチュアルの分野は相互扶助、互助の精神なので、各々が得意とする事で補い合う助け合いの精神がある人でないと信頼できません。内に籠ってしまっていると、情報が得られませんし、繋がりもありません。

ちなみにSNSで趣味やお出掛けした場所など投稿する占い師さんは、その人の人柄が分かるので良いと思います。私の場合は大好きなテーマパークの投稿をします。(笑)

それから「○○しないと不幸になるわよ」と煽る占い師さんは、自分に余裕がなく、相手の立場に立った対応は出来ません。

○○出来ない人=幸せになれないと言われるとマイノリティの方は、どうなるのでしょうか。

例えば、五体不満足の方が神社に行き、手を合わせる事が出来ないからと言って不幸になる訳ではありませんよね。

「○○しないと不幸になる」とネガティブな粗探しをするより、相手の良い所を見つけ褒める事の方が良いと思います。

今地球はアセンション(地球や人類が高次元に移行する・次元上昇)のためのエネルギーが渦巻いており、「平和・平等・愛」のもとで一つになるという、ワンネス意識に向かっています。なので否定するような切り口は違うと思います。

私達は魂をレベルアップさせる修行や経験を積む為に地球上で生きています。

人は生まれてくる前に「こういう事を学びたい」「こういう経験をしたい」と自分で決めています。

私も旦那さんも発達障がいではありますが、どうして発達障がいである自分を選び、コミュニケーションに障害がある生き方を選んだのかと言うと、恐らく人と交流する事がいかに大切で、人を好きになる感覚や意思疎通が出来た時の喜びなど全身で学びたいから、こういう生き方を選んだのだと思います。これは罰でも何でもありません。

運が良い人の特徴は?

——運が良い人の特徴を教えて下さい

Tomoちゃん:人の幸せを喜び、人の良い所を見つけ、褒めて、フォロー出来る人。あとは自画自賛できる人だと思います。

自分が大好きなのは自信に繋がり、本来の能力やポテンシャルを発揮出来ます。

あとは、人との違いを認められる人だと思います。人と自分は違うと分かっていたらイライラしませんし喧嘩にもなりません。

ちなみに私は夫婦喧嘩をしません。

相手と自分は違うと分かっているので、喧嘩をするよりどういう景色が見えているのか、どんな事を考えているのか、お互い開示しています。

例えば、夕飯で外食しようと考えた時にお互い食べたい物が何か話し合う事がありますが、2人とも「焼肉を食べたい」と言ったとしましょう。

私は「仕事で疲弊しているから焼肉を食べたい。」旦那さんは「最近焼肉を食べてないから焼肉を食べたい」と、焼肉を食べたい理由はそれぞれ違います。

同じ結果だとしても、細かい理由は違い、見えている景色や感じている事も違います。色々な人がいるからこそ、上手く組み合わせる事で新しいものが生まれるのです。

それから、何事も決めつけず、まず話を聞いてみよう、話し合いをしようと行動出来る人は運が良いと思います。

思い込みをしていると視野が狭くなりますが、他人の価値観や考え方を聞けば世界は広がります。行動範囲も広がり嬉しい体験がたくさん出来ます。

なので、年齢や環境を言い訳にしないことです。年齢はこの世界で生きてきた年数なので、年齢が上だからと言って無条件に偉いという訳ではありません。

年齢や環境を気にするより、人生経験を積み価値観を広げ好きな事を体験した方が、世界が広がり知識が蓄えられチャンスを得ることが出来ます。

また、悩みを魂の学びの機会だと捉えられる人も運が良く逆境にも強いと思います。

今、目の前で起きている問題から何に気付き、何を学べばよいのか考えた方が魂が成長します。

例えば、恋人と別れた場合、単に価値観が合わなかったのかもしれないですし、話し合いが足りなかったのかもしれません。

また、エネルギーや周波数が合わなくなるなど色々な要因が考えられます。

そんな風に悩みや問題は全て必要だから起きていると信頼し「私には何が出来るのか」と考えられると可能性は広がります。

運が悪い人の特徴とは?

——運が悪い人の特徴を教えてください

Tomoちゃん:相手の悪い点ばかり見て、否定し侮辱する人は良い周波数は出ません。

例えば、文句ばかり言い、人の幸せを喜べないような人、自分から行動しない受け身の人、不足に目を向ける人は大体運が悪いです。

それから同じ考え方でなければいけない、○○をするべきと考えている方は、柔軟な対応が出来ずチャンスを逃しやすいです。

あとはメディアの影響を受けやすい人も運が悪いです。テレビは台本があり演出している事がありますし情報操作もあります。新聞も政党に寄っている新聞社があります。

何でも影響されると、自分で考えないようになり、他力本願になってしまうことがありますので、メディアで情報を仕入れるのは大切ですが自分の芯を持つ強さはあった方が良いです。

占い師になったキッカケは?

——タロット占いを始めたキッカケを教えてください

Tomoちゃん:私は小学生の時、学校でイジメられたり、家庭内暴力があったりで不眠症にまでなってしまうような生活を送っていました。

周りに助けてくれる人がいなかったので、自分で「どうしたら良いんだろう」と考えた時に、友達がいなかったので「妖精さんと友達になればいいじゃん」と思い、本を購入しました。

(左)ヒミツの魔女っ子入門・(右)マイバースデイの本

Tomoちゃん:妖精さんに出会えなかったとしても、雲の形が綺麗、花が美しいなど自然に目を向けるようになりスピリチュアルにも触れるようになりました。

それから中学生の時、初恋と混同していた部分もありますが、某テーマパークが運営するテレビ番組に出演していたお兄さんに惹かれていました。

とても素敵な笑顔やマルチな才能で何でも出来るところに魅力を感じ、「私もお兄さんみたいに何でも出来れば少しは人生が変わるのかな?」と考えるようになり自分の興味がある事を考えました。

そこでスピリチュアルに興味があると考え、タロットカードを使う事にしました。

タロットカードを購入し試しに占ったり、県立図書館から分厚いタロットの本を借りて休み時間に読んだりしていました。

すると休み時間にクラスメイトの女の子に「占い出来るの?やって!」と言われて、そこで初めてお話をする事ができ、世界が広がったのです。

ヒミツの魔女っ子入門

Tomoちゃん:「ヒミツの魔女っ子入門」では、タロットなどの様々な占いが説明されていて、占いを調べたり、魔法の杖を作ったり、当時はすごく楽しかったです。この時だけは学校や家の嫌な事を忘れることが出来ました。

神秘体験とは?


——神秘体験とはどのような体験だったのですか?

Tomoちゃん:先程お伝えしましたが、私はテレビ番組に出ていたお兄さんに惹かれていた事もあって、中学生の時に番組の公開収録に参加しました。

公開収録が終わり、お兄さんとお話をする機会があり、一緒に写真を撮ったり握手をしたのですが、実際にお兄さんを目の前にして私は嬉しかったのですが、とても緊張をしていました。(笑)

しかし私が緊張してしどろもどろしていても、お兄さんは優しく対応をしてくれました。

何度か参加するうち、お兄さんの方から私を覚えている事や嬉しい旨の発言などを度々聞くこともあって、そんな形での交流がしばらく続きました。

で、それから高校生の時です。ある夜、夢の中でお兄さんが出てきて「ごめんね、ありがとう」と言葉を残していきました。

どうして夢に出てきたのか何となく不思議に思っていたのですが、2日後にテーマパークのファンの方からお兄さんが病気で亡くなったと訃報を聞きました。

私は、どうして私に夢を通してまで亡くなる前の挨拶をしてくれたのか理由が知りたくて、そこから亡くなった人との交流を試すようになりました。

ちょうどその頃、ドリーン・バーチューさんの天使との交流方法や亡くなった方と繋がる方法など実践的な事がたくさん書いてある本が発売されたので、購入し練習をして色々と試すうちに亡くなったお兄さんと話せるようになりました。

その後、私はお兄さんが生前働いていたテーマパークでお仕事をしたかったのと、学校見学の時に初めて話を聞いてくれる大人に出会ったのがキッカケで、ダンスやミュージカルの専門学校に進学しました。

専門学校は、皆で集まって自主練をしたり、イベントに向けてお泊りをして練習をしたり、楽しみやある程度の自由がありましたが、家庭の状況は酷く親の束縛や暴言が激しかったので、学校の良い環境と家庭の悪い環境のギャップで混乱してしまい私は鬱になってしまいました。

体に力が入らず検査入院をすることになり、人生初の入院で怖い思いをしていましたが、また夢にお兄さんが出てきて「プレゼントをあげるから今は頑張って」とメッセージが届きました。

それから退院をし、家に帰ってメールを確認してみると、お兄さんの昔の友人からメールが届いていました。

当時私は自分でホームページを作りお兄さんについて発信していたのですが、私のホームページを見たお兄さんの友人が連絡をくれたのです。

私の知っているお兄さんは何でもスマートにこなす凄い人だと思っていたのですが、「実は生きづらさを抱えながらも自分の好きな事をたくさんやってきている人なんだ」とお兄さんの友人は色々と教えてくれました。

その時私は、これはプレゼント以外の何物でもないと分かり、しっかりと交流出来ていると確認出来ました。

ただ、それでも家庭の環境は酷く、仕事も長続きせず、「どうしたら良いか分からない」「上手く出来ない」のフラストレーションで、また鬱になり自殺願望を抱いていました。

しかし、またお兄さんから「いい加減にして。こんなに愛していて、メッセージを伝えているのに僕の声が聞こえないの?お願いだから本当の自分に気づいて!」とメッセージが届き、そこで死ぬ事を思いとどまり、生きるとは何かを知る為にお兄さんと継続的に交信をすることにしました。

私が仕事が続かなかったのは当時会社員になりたい気持ちがあったからです。要は皆と同じになりたかったのです。

私は皆と同じになれば自分はこの世界にいても良いと存在理由が確立できると思い込んでいたことに気付きました。

なので「皆と同じなのは諦めて、自分の好きな事をひたすらやれば長続きできる」と考え、占い会社に応募して受かりました。そこから占いの仕事をするようになりました。

それから、占いのお仕事を始めた時にまた夢でお兄さんが「プレゼントをあげるよ」と言いました。

すると、インターネットにお兄さんの出ていたテレビ番組の台本が出品されており、手に入れることが出来ました。

後にお兄さんから「プレゼントに気付かなかったら守護霊としての契約がなくなってしまうから、どうしても気付いて欲しかったんだよね」と言われました。

スピリチュアルの道に進むのは、それなりの荒波があるので守護をする人が居なければいけなかったのですが、お兄さんがどうしても助けてサポートをしたいという理由で夢に出てきてプレゼントを渡してくれたのです。

私はプレゼントを見つけたのがキッカケで進んでいる方向性が正しいと確認でき、そこで占い師の仕事をやっていこうと決めたのです。

今生きづらさを抱えている方にメッセージをお願いします。

Tomoちゃん:仮に私が生きづらさを抱えている方に相談をされたとするなら「思い切って相談してくれて良かった」とお伝えします。

マイノリティで生きづらさを抱えている方は、全面的に普通と違う悩みを抱えているので、「これは相談しても良いのかな?」と自問自答を繰り返した上で相談をしているはずです。

私も相談をして引かれないか悩み、相談するのに時間がかかった経験があるのですごく分かります。

相談自体、すごくハードルが高いですが、今のままでは良くない、前に進みたい、変わりたいと思うからこそ勇気を出して相談をしてくれたので、相談をしてくれて良かったと思います。

余談ですが、死にたいと考えている方に対して声をかける時、「死にたいと思うんじゃない!」と言うのは良くないと思います。「私に相談をしてくれてありがとう!あなたは、在りのままで良いんだよ」と、まずは存在を認める返し方をすると安心すると思います。

生きづらさを抱えている方は世の中を変えられる人です。世の中を変える為に生きづらい自分をあえて選んだ冒険者またはチャレンジャーなのです。

ピカソもエジソンも普通とは違い、変わった人達で壮絶な人生を経験しているはずです。しかし、自分の好きな事や興味がある事を大切にし切ったからこそ、素晴らしい作品や画期的な発明をし世の中を変えたのです。

時代を先取りし過ぎて生きづらいと思いますが、可能性を秘めている人達だからこそ、人とは違う感覚を大事にし、自分を尊重して欲しいです。

また、恥だと思わずに相談して欲しいですし、自分の感じている感覚を思い切って素直に言ってくれた方が良いです。

それから世の中には子供を虐待する親がいて苦しい思いをしている方も居ますが、自分を理解しようと努めてくれる人や寄り添ってくれる人が世の中に居るはずだという事を信じていて欲しいと思います。

私は自分の存在理由を疑ったこともありましたが、お兄さんが私の事を覚えていてくれて、その瞬間私は「自分はこの世界に居ていい、生きていて良い存在」なんだと初めて思い生きてみようと思えるようになりました。

この世界にいて良いんだと思えるということは、些細な事かもしれないけれど、生きる事においてとても大きいパワーになりますから。

Tomoちゃんの基本情報

占い・鑑定メニュー 料金
個人セッション(対面・電話・LINE通話)
40分はいずれか1メニューのみ選択可。
60分以上は「故人交信&ヒーリング」など
複数メニューの組み合わせも可能
40分:8,000円
60分:12,000円
90分:18,000円
120分:23,000円
アバンダンスアルケミー
(豊かさの錬金術)ヒーリング
10分:2,000円

etc…

【基本情報】
住所:神奈川県相模原市南区
営業時間:11時30分~24時(水曜日は21時~24時まで、21時以降は電話・LINE通話のみ)
予約方法:HPの予約フォーム・メールにて

【占術】
ミディアムシップ(亡くなった方やペットとの交信)・チャネリングタロット・オラクルカード・アニマルコミュニケーション・ヒーリング

まとめ

以上がTomoちゃんのインタビューです。インタビュー時は、人の生きる意味や旦那さんとの事など、とても詳しく丁寧にお話をして頂きました。

また、色々な人生経験をされているからこそ、お客様や亡くなった方の気持ちに寄り添い、親身になってアドバイスをしてくださるんだなと思いました。

占いと言っても、やっぱり初対面だと緊張すると思いますが、Tomoちゃんは初対面でもとても話しやすくフレンドリーなので安心してセッションを受ける事が出来ます。

Tomoちゃんのセッションを受け、亡くなった方があなたの事をどう思っていたかを知れば、自分が地球上で生きている意味や自分の役割が何かきっと分かるはずです。ぜひ、ご利用ください!

ちなみにTomoちゃんは、占いにととまらず旦那さんと一緒に自己肯定力アップの方法や福祉サービスの利用方法など発達障がいに関することを生配信しているので、きっと悩みが解消されると思います。そちらもぜひチェックしてみて下さい。

占い掲示板がオープンしました!
皆さん気軽に書き込んでください◎

スポンサーリンク
コメントを残す

18 + 16 =

関連キーワード
おすすめの記事