【手相】金星丘を解説!横線・ほくろ・グリルなど

手相では、親指の底部にある隆起を金星丘と言います。

肉体的愛情、スタミナ、健康、生命力、精力を意味する丘です。

金星丘は体調、特に胃腸の健康、スタミナに関係が深いです。

両親や故郷との縁の深さも意味します。

この丘が発達しているのは、スポーツ選手などスタミナを必要とする人に多く、異性に対する情熱も豊かです。

そんな金星丘には、様々な形をしたスジが現れている場合があり、そのスジの形によって意味することが変わります。

本記事では金星丘に現れるスジとその意味について解説します。

スポンサーリンク

長い縦線

生命線と並行にはしる長い直線を第二生命線と呼びます。

生命線のすじが弱いとき、その効果を補うように現れる線です。

体力が低下していることを示しています。

横線

金星丘に横線がある場合、家族からの影響を強く受けていることを示します。

生命線の前で止まっていれば良い影響を受けていますが、生命線を超えている場合には悪影響を受けていて、アナタの生活の障害となっていることを示します。

グリル

金星丘にグリルが現れている場合、自己中心的になることを示しています。

グリルが大きいと、とても移り気で浮気性であることを示しています。

ほくろ

金星丘にほくろがある場合、泌尿器系にトラブルを抱えていることを示しています。

クロス

金星丘にクロスが現れている場合、家族や親戚が事故に巻き込まれたりして、怪我をすることを示しています。

スター

金星丘にスターが現れている場合、遺産相続することを示しています。

良くも悪くもその遺産がアナタに大きな影響を与えるでしょう。

短い縦線

生命線の中ほどに並行して現れる短い縦線は浮気線とも言います。

愛人がいること、または愛人を作ることを示しています。

金星丘に島が現れている場合、浮気により大きなトラブルへと発展することを示しています。

場合によっては離婚に至る可能性もあります。

占い掲示板がオープンしました!
皆さん気軽に書き込んでください◎

スポンサーリンク
おすすめの記事