職場で孤立する人の特徴とは…?人間関係を円滑にする方法も紹介!

なんとなく会社で浮いてる気がするな・・・。

会社の居心地があまり良くないなぁ・・・。

もしかして、会社で孤立してるかも!?

本日はそんな悩みを抱えるあなたに向けた記事となっています。

テーマは「会社での孤立」について。

  • どんな人が孤立しやすいのか(特徴)
  • そのパターン別の対処法は?

この2つのテーマで紹介していきます。

職場の人は友達とは違いますが、できることなら円滑に付き合っていきたいですよね。

絶妙な距離感で過ごすには、どんな工夫をしたら良いのか考えていきましょう。

スポンサーリンク

職場で孤立しやすい人の特徴は?

さっそくですが、どんな人が職場で孤立しやすいのか7つのパターンで紹介していきます。

自分に当てはまる内容があれば、次のステップで解決法を紹介するので参考にしてみてください。

孤立しやすい人① 周りのことを下に見ている

1つ目の特徴は「周りのことを下に見ている人」です。

自分は周りよりも優れているんだ!

なんで周りはこんなこともできないんだ!

言葉にしなくても、そういった感情は態度に出てしまうもの。自分の能力に自信を持つことはとても大切なことですが、周りを下げる言動や考え方をしていると孤立してしまいます。

孤立しやすい人② 雑談や挨拶ができない

2つ目の特徴は「雑談や挨拶ができない人」です。

最低限のコミュニケーションが取れないと、話しかけた相手からしても対応に困ってしまうもの。

もちろん、コミュニケーションは得意・不得意がありますので、ここで言う「コミュニケーション」とは「盛り上がる雑談内容」のような高度なものではありません。

朝や帰りの挨拶・返事など、基本的なコミュニケーションが暗い人は孤立しやすいので注意です。

孤立しやすい人③ 自分の仕事を押しつける

3つ目の特徴は「自分の仕事を押しつける人」です。

早く帰りたいからといって、自分の仕事を誰かに押しつけてはいけません。

どうしても予定があったり、体調不良ということであれば仕方ないです。そういった時には必ず後日のフォローが必要です。

日常的に仕事を押しつけるタイプの人は、どうしても孤立してしまいます。自覚のある人は今後気をつけましょう。

孤立しやすい人④ プライドが高い

4つ目の特徴は「プライドが高い人」です。

自分の仕事に誇りを持って取り組む=プライドが高い、ということではありません。

根拠のない自信を持って仕事に取り組み、ミスした時には「謝れない」「ミスを認めない」挙げ句の果てには「他人のせいにする」人。それが孤立しやすいプライドの高い人です。

このような人は、周りへ感謝の気持ちを伝えることも苦手な傾向があります。

仕事を手伝っても感謝の言葉が無ければ悲しいですよね。

孤立しやすい人⑤ タイミングがいつも悪い

5つ目の特徴は「タイミングがいつも悪い人」です。

自分のリズムと噛み合わない人とは付き合いにくさを感じてしまうもの。

例えば、「その質問今じゃなくていいよね?」とか「その仕事頼むなら後にしてほしい」という経験をしたことがあると思います。

タイミングの悪い人は、相手の状況を把握できていない・自分のことで頭がいっぱいになっている、という特徴があります。

孤立しやすい人⑥ 悪口や愚痴が多い

6つ目の特徴は「悪口や愚痴が多い人」です。

休憩に行くたびに人の悪口や仕事の愚痴ばかりの人はいませんか?

本人は気持ちが良くなっているかもしれませんが、いつも聞かされているこちらの身にもなってほしいものです。

マイナスな発言ばかりの人は、周りも離れていくので孤立しやすいです。

孤立しやすい人⑦ 周りを気にしすぎる

7つ目の特徴は「周りを気にしすぎる人」です。

周りからどう思われているのか気にしすぎるあまり、ビクビクしてしまったり過剰なコミュニケーションになってしまう人はいませんか?

周りを気にしすぎるがあまり、人付き合いに疲れて自ら孤立していきやすいのも特徴です。

職場で孤立しないための対策は?

職場で孤立するパターンについて、7つの特徴を紹介しました。

では、それぞれのパターン別でどんな対処法があるのかを紹介していきます。

頑張りすぎず、できることから始めてみませんか?

周りのことを下に見ている人へ

なぜ周りのことを下に見てしまうのか考えてみましょう。自分の能力を過剰に信用しているのでしょうか?周りに必要以上の期待をしているのでしょうか?

人には得意なこと、不得意なことが違うことは当たり前です。本当に自分の能力に自信があるのであれば、周りを下げるような態度はしないはずです。

自分に自信があるのであれば、その能力を使って周りの仕事を手伝ってみてはいかがでしょうか。その行動があれば、感謝され頼られる人物になることができます。

また、自分の世界を広げることで周りのことをもっと考えられるようになります。いまは自分の世界中心で動いてしまっている状態なので、周りを下げてしまっているのです。

例えば興味のあるセミナーに参加してみる・本を読み漁る・趣味を見つけて没頭してみる・・・

結論は【周りを気にかけて仕事を手伝う】ことと【自分の世界を広げる】ことです。

雑談や挨拶ができない人へ

職場に行くことが憂鬱になっていませんか?ストレスが溜まって気持ちが重くなっていませんか?

挨拶が暗いと、その気持ちのまま仕事がスタートして暗いまま1日を終えてしまいます。1日の挨拶を明るくすることで、良いスタートアップを切ることができます。

明るく朝を迎えるためには、早寝・早起きが一番です。朝食もしっかり食べましょう。通勤電車が憂鬱にならないよう、好きな音楽を聴いたり動画を見たり本を読んで有意義に過ごす工夫をしましょう。

そして雑談は難しいものではありません。相手の発言にうなづいてあげるだけで、立派なコミュニケーション(雑談)です。話すのが苦手でも雑談はできるのです。苦手意識が前に出すぎてしまうのが暗く見えてしまう原因です。

物静かでも愛される人はたくさんいます。

結論は【気持ちの良い朝を迎える】ことと【相手の話にうなづいてあげる】ことです。

自分の仕事を押しつけてしまう人へ

当たり前のことですが、自分の仕事はきちっとこなしましょう。責任感をもって仕事に取り組むということです。

めんどくさいから、早く帰りたいから・・・そのような気持ちは誰の心の中にもあります。でもみんな自分の役割をきちっとこなすことで会社(仕事)は回るのです。

自分の怠けたいという気持ちに打ち勝ってください。そして自分がサボった分を誰かが負担しているということを意識しましょう。

めんどくさいと思うことは実は良いことです。今めんどうだと思っている仕事を「どうしたら楽に処理できるか」考えながら仕事をすることで、より上のステップへ人間性を高めることができるのです。

すると会社からも職場の仲間からも信頼される人間になることができます。

結論は【怠ける心に打ち勝つ】ことと【めんどうだという気持ちを大切にする】ことです。

プライドが高い人へ

先ほど説明したように、ここでいうプライドの高さとは・・・

根拠のない自信を持って仕事に取り組み、ミスした時には「謝れない」「ミスを認めない」挙げ句の果てには「他人のせいにする」こと。

そのようなプライドは社会では無価値であることをまずは心に刻んでください。

ミスすることは恥ずかしいことだと思わないでください。人は必ずミスをします。その時の対応に人柄は出るものです。

フォローしてもらったことには必ず感謝し、迷惑をかけた人には必ず謝るようにしましょう。その基本さえできていれば孤立することはありません。

大切なことは、感謝や謝罪の気持ちをしっかりと言葉にして伝えることです。

結論は【プライドは無価値と知る】ことと【感謝や謝罪の気持ちをしっかりと言葉にする】ことです。

タイミングがいつも悪い人へ

声をかけるタイミングさえ見誤らければ、問題ありません。

相手の状況を判断できていないことや、自分のことで頭がいっぱいになっていることが原因である可能性が高いので、まずは一旦落ち着いてみましょう。深呼吸です。

声をかける時のコツは、相手が忙しそうにしているかどうかを見る。これだけです。

中には常に忙しそうな人もいます。その場合は「○○の件で相談したいことがあるので△分お時間よろしいですか?」という聞き方がオススメです。要件を簡潔にまとめてから声をかけるようにしましょう。

最初に「どんな内容なのか」「どれくらい時間がかかるのか」が分かっていればストレスも減りますよね。

結論は【一旦落ち着いてから周りを見る】ことと【相談時は要件をまとめておく】です。

悪口や愚痴が多い人へ

はっきり言いますと、その愚痴に価値はまったくありません。もしかしたらそのことは本人も気づいているかもしれませんね。

悪口は人を貶めるものと思いきや、下げるのは自分の価値です。1つも良いことはありません。

愚痴をこぼしても向上することはありません。愚痴しか出てこない職場であるなら早々に転職するべきです。

自分の環境をより良いものにするために、今日から少しづつでも悪口・愚痴の数を減らしてください。愚痴仲間がいるのなら、休憩に行くタイミングをずらしてください。類は友を呼びます。

結論は【悪口は自分の価値を下げる行為と知る】ことと【愚痴しかないなら転職する】です。

周りを気にしすぎる人へ

まず安心していただきたいのは「実はみんな他人にそれほど興味はない」ということです。

あなたは周りの人は自分のことを悪く思っているのではないか?と気にしてしまうかもしれませんが、案外その相手はあなたのことなんて考えていません。

そう思ったら心が少し軽くなりませんか?

もっと堂々としていても良いと思います。ビクビクして自分から距離を置いてしまうことも、もったいないことです。

自信をつけるためには仕事を精いっぱいやりましょう。成果を出せば自信はあとからついてきます!

結論は【周りはあなたのことを考えていないと知る】ことと【仕事で成果を出すこと】です。

まとめ

今回は7つのパターンで、孤立しやすい人の特徴とその対処法について紹介しました。

自分に当てはまりそうな内容については意識して生活に取り入れてみてください。

また、困ったら1人で悩まないことも大切です。

「職場で孤立しているんだよね」なんて相談はなかなか身内にはし辛いと思います。

そんな時には、このサイトでも紹介しているような「占い」に頼ってみると良いでしょう。特に電話占いであれば顔も見られませんし手軽です。

今よりもっと楽しく働ける環境になることを祈っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事