【数秘術】運命数2の意味とは?相性・恋愛・適職・性格など徹底解説!

運命数の「2」は、優しく穏やかな数字と言われています。

人と人との縁つなぎや人を支える役に回るようです。

これから、「2」ならではの性格の傾向、注意すべき点、恋愛運や適職など、見ていきましょう。

スポンサーリンク

運命数「2」の人の基本性格

「2」の人は、能力があっても目立ちたくないので自分の意見はあまり言わず、人を支える役に回ります。

常日頃から相手のことを考えているので、ちょっとした場の空気の変化にも敏感です。

さりげない気づかいでケンカや争いのタネも未然に防ぐことができます。

ただ、周囲の調和を崩したくないばかりに自己犠牲的になってしまう点は注意が必要です。

「自分さえ我慢すれば」と無理をした結果、後でバランスを崩してしまうこともあるので、気をつけましょう。

自分が先頭に立って全責任を負うようなことは苦手なようです。

白黒はっきりさせず、「グレーもあり」という意識があるので、自分で決断する必要があるときは、なかなか前へ進まないです。

運命数2の人の恋愛

運命数「2」の方は感性が強く、人の気持ちがわかります。

そのため、どちらかというと恋愛体質で、男女問わずモテます…!

ロマンチストな部分もあるため、所帯染みた感じではなく、ドラマのワンシーンのような美しい恋愛がしたいタイプなので、なんでも語り合えるパートナーを必要とします。

結婚願望も強く、この人と決めたら添い遂げようとします。

運命数2の男性の場合

運命数2の男性は、繊細な感性で相手の心の動きを敏感に感じ取ります。

あいまいな態度だと、相手に伝わってしまいます。

なので、いつも笑顔で、安定した気持ちで相手に接すること。

見た目に左右されず、一緒に居てホッとする相手に好意を持つことが多いです。

運命数2の女性の場合

女性は特に、相手に自然に合わせるのが上手なので、どんなタイプの男性とも恋愛関係になることができます。

強引なオレ様タイプにも惹かれますが、はっきり「NO」も伝えやすい相手の方が、相手と健全な関係を築いていけるのでオススメです。

相手のことを考えすぎて恋に疲れしまいやすいタイプです。

何か心配なことがあっても、あまり悲観的にならずに、自分自身のご機嫌をとってあげるように意識すると、よいでしょう。

成功した場合

運命数「2」を持つ方は、繊細な感性の持ち主ですので、相手のことを気にしすぎて疲れてしまうこともあるでしょう。

そんな時に、一緒にいてホッとする相手がいると落ち着きます。

ホッとできる相手となら、なんでも語り合え、添い遂げられるパートナーとなれるでしょう。

失敗した場合

相手のことを大切に思うあまり、感情が強くなりすぎるところがあるようです。

そのため、尽くし過ぎて共依存になってしまうところがあります。

口うるさく言ってしまうために、相手にウザったく思われてしまう傾向がありますので、注意しましょう。

運命数2の人の結婚の特徴

運命数「2」の方は、結婚するまでに時間がかかります。

ロマンチックな恋愛に夢を見て、現実を見られていない部分があるようです。

ただ、付き合うと自分を許した、解放したような感覚になりますので長く関係を築いていこうとします。

献身的な部分があり、相手に重いと思われることもあります。

恋愛が結婚に結び付くかどうかは相手次第といって良いでしょう。

運命数2の人の結婚がうまくいくには

ストレスを溜めやすくヒステリックになってしまう面があるので、ヒステリックな状況を「ハイハイ」といって受け入れてくれる人物と一緒になると、うまくいきやすいです。

相手のためを思うために、過干渉になる部分もあるようです。

自分さえ我慢すれば」と思って、自分一人でため込み過ぎず、時には相手に相談をしてみてください。

相手も頼られていると思って、安心してくれますよ。

運命数2の相性のいい数字

運命数1

多少強引でもしっかり引っ張ってくれる「1」の人は一緒にいて楽な相手です。

単純で、考えていることが分かりやすく、また顔にも出るので、相手の気持ちが分からないということもありません。

「1」の人にとっても、細かいことまでいちいち説明しなくても理解してくれ、独特の感性を持つ「2」の人は一緒にいて楽であり、刺激を受けることができます。

運命数6

おっとりとして穏やかな中にも芯のある「6」の人は、同じく物静かで感受性豊かな「2」の人と似たもの同士で馬が合う相手といえます。

何をするにも相手を立てて行動するため、ケンカになることがありません。

結婚相手なら理想的な相手であり、お互いの意見を取り入れながら、相手のことを見習います。

そのため、より良い家庭を築くことができます。

運命数33

一般的な感覚があてはまらず、つかみどころのない「33」の人と、穏やかで協調性があり、何も言わなくても相手が欲しているものを理解できる「2」の人は基本的には合います。

「33」の人のパワーとエネルギーは強大で、それにあやかることで「2」の人もパワーアップしていける関係です。

運命数2の相性の悪い数字

運命数2

「2」の人同士の相性は、あまりよくありません。

相手の気持ちや考え方はよく理解できますが、お互い相手の出方を伺うばかりで、物事が進展しません。

基本的に決定権を相手に委ねるため、むしろしっかりと引っ張ってくれる相手といる方が楽なのです。

運命数5

自由を何よりも愛する「5」の人は、「2」の人にとって次の行動が全く読めない相手です。

「2」の人は、相手の出方次第で自分の動きが変わるため、相手が自分の想定外の行動を取ると、混乱してします。

上手くいくかどうかは、尊敬できるか、ついていきたいと思えるかどうかにかかっているでしょう。

運命数7

自分の感情を内に秘め、孤独の中で真理を追求するスタイルを好む「7」の人は、「2」の人にとって何を考えているか分からずに不安を感じてしまいます。

自分の信念をしっかりと持ち、それを人に理解をしてもらおうとは思っていないので、基本的に受け身の「2」の人とっては波長の合いません。

お互いに自分の本心をさらけ出すことが苦手なので、いつまでたっても分かり合えず、腹を割って話すことのできない相手となるでしょう。

運命数2の人の適職

秘書

有力者をサポートする業務も向いているので、秘書は適職でしょう。

細かいことにもよく気がつき、目上の人を立てて黒子に徹する配慮が自然と備わっているため、とても可愛がられます。

看護師やカウンセラー


人を助けサポートをすることを無上の喜びとする「2」の人は、仕事においてもそうした特性を生かせる仕事が向いています。
医療や福祉の分野で人を手助けしたり親身に悩みを受け止める仕事では、人から信頼され、いなくてはならない人として存在感を発揮することができるでしょう。

芸術家・デザイナー

男女問わず、細やかで繊細な女性的な感性があります。

そのため、感性を発揮できる分野でも活躍できるでしょう。

芸術家やデザイナーといった人とは違った角度から物事を見る仕事も向いています。

運命数2を持つ有名人は?

・福原愛さん(1988年11月1日)

・倉本聰さん(1935年1月1日)

・水谷豊さん(1952年7月14日)

・生駒里奈さん(1995年12月29日生まれ)

・成海璃子さん(1992年8月18日)

・美輪明宏さん(1935年5月15日)

・和田アキ子さん(1950年4月10日)

まとめ

運命数「2」を持つ方は、人と人とをつなぐ、大切な役割を持っている数字です。

相手のためと思い、「自己犠牲」になってしまったり、過干渉になることもあるでしょう。

時には信頼できる相手に相談をすることも大切です。

自分一人で抱え込み過ぎないようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事