蠍座(さそり座)の性格を解説!情熱的だが嫉妬深い?
スポンサーリンク

基本情報

誕生日 10月24日~11月22日生まれ
二区分 女性サイン(消極的、内向的)
三区分 不動宮(忍耐強く持久力があるが頑固)
四区分 水(感情)
支配星 冥王星(洞察力があるが非情)
栗色
宝石 オパール
数字 0(有と無の間)
キーワード 集中的、情熱的

性格

あらゆるものに対して愛着や情熱を持ち続けることが出来る。

自分の身の回りの物はいつまでも長く大切にし続ける。

人間関係は狭く深い関係を構築する。

相手の内面と深く関わり、相手の良い部分を自分自身に取り入れようとする。

何事も中途半端に済ませることはできない誠実さを持つ。

任された仕事はきっちり完璧にやり遂げようとする。

遊びも仕事も勉強もすべて本気で取り組み、味わい尽くす。

さそり座のテーマは「死と再生」。

さそり座は本能的に常に「死」を意識している。

その意識が集中力と研ぎ澄まされた感性へとつながっている。

ときとして今までの自分を完全に破壊し、生まれ変わろうとする。

人生のうち何度でも命がけの変化をすることに。

さそり座は自分だけの秘密を持とうとする。

人に知られたくない内なる性格や才能を秘密にする。

誰にも犯されることのない、自分だけの世界観を大切にする。

人によってはしつこい、執念深いと思われることも。

恋愛

さそり座が恋人に求めるのは、心と心の深い繋がり。

さそり座は常に孤独を感じてそんな孤独を癒すために恋愛が不可欠。

簡単に心を開かないが、許した相手にはとことん愛情を注ぐ。

さそり座にとってセックスは大事なコミュニケーションツール。

単なる肉体的な快楽だけでなく、相手と精神的な繋がりを持つための手段。

さそり座の恋愛はどの星座よりも誠実で一途。

愛する人のためなら死んでも構わないと思えるほど。

恋人に対する嫉妬心や独占欲も強い。

結婚をして一生寄り添う覚悟を持てる相手と付き合う。

相手に寄せた信頼が裏切られたときには蠍のごとく毒を放つことも。

人によってはさそり座の恋愛に対する真剣さが「重い」と感じることも。

自由を愛する星座とは相性が悪いかも。

占い掲示板がオープンしました!
皆さん気軽に書き込んでください◎

スポンサーリンク
コメントを残す

three − 2 =

関連キーワード
おすすめの記事