乙女座(おとめ座)の性格を解説!几帳面だが取り越し苦労も?
スポンサーリンク

基本情報

誕生日 8月23日~9月22日生まれ
二区分 女性サイン、内向的性格
三区分 柔軟宮(周囲に流されやすい)
四区分 地(物質)
支配星 水星(コミュニケーション)
茶色、紺色、灰色
宝石 トルコ石、サードニクス
数字 5(発芽と回転)
キーワード 批判的、分析的、コミュニケーション

性格

おとめ座はとても器用で几帳面な性格。

部屋はいつもきれいに整頓されています。

細かいことによく気が付き、気配り上手。

要領よく立ち回り、現実的な利益もしっかり取ろうとします。

食事や適度な運動など自己管理も得意。

分析力がとても高く、過去を分析して反省点を見出します。

しっかり分析して、反省点を見つけてからでないと次に進めないのがおとめ座。

几帳面さがかえって取り越し苦労になることも多い。

過度な心配性が、人から面倒だと思われることも。

おとめ座の分析力があって几帳面なので、何か新しいことを始めることにとても慎重。

人によってはフットワークが重いと思われることも。

常に反省点を明確にしようとする性格なので、批判的だと思われることもしばしば。

細かいことには気が付くが、目の前のことにしか視野が向かず、大きな目標を立てたりするのは苦手。

「しっかり者だと思われたい」という願望が根底にある。

だらしない自分を見せないので、自分を解放することができず、ストレスが溜まりやすい。

恋愛

異性に対しては、気が利く自分、家庭的な自分を見せようとする。

相手にとって、理想の異性になろうと努力します。

無理して演じているわけではなく、実際にそれが出来てしまうのがおとめ座。

分析力の良さは恋愛でも発揮されてしまい、異性に対しては消極的。

相手をしっかり見極めようとするので、プロポーズをされても即答することができない。

また同時に、自分の素の部分をなかなか相手に見せようとしません。

結果的に、おとめ座は一生のうちに付き合う異性の数は少ない。

からだの関係よりも、こころの繋がりを重視します。

純愛を追求し、相手には誠実で正直であることを求めます。

結婚に関しても、石橋を叩いて渡る性格なので、生活力のある異性を求めます。

遊び人やリスキーな生活を送る人が苦手。

見た目よりも、収入や職業の安定性を求めます。

占い掲示板がオープンしました!
皆さん気軽に書き込んでください◎

スポンサーリンク
コメントを残す

3 + sixteen =

関連キーワード
おすすめの記事