牡羊座(おひつじ座)の性格を解説!チャレンジ精神旺盛なリーダー?
スポンサーリンク

基本情報

誕生日 3月21日~4月19日生まれ
二区分 男性サイン、外向的性格
三区分 活動宮(進退が早い)
四区分 火(精神)
支配星 火星(エネルギー)
宝石 ダイヤモンド、ルビー
数字 9(支配と分配)
キーワード 情熱的、闘争的、衝動的、挑戦的、自分勝手、単純

性格

牡羊座は、常にチャレンジ精神と冒険心にあふれています。

何か新しいことをやるときは、いつも牡羊座が名乗りを上げ、先頭に立ってスタートします。

実現できるかはさておき、次々と新しいアイデアが湧いてきます。

伝統や慣習にはこだわらず、革新的なチャンジをします。

独立して起業をする人も多い星座です。

自己顕示欲が強く、目立ちたがり屋で、何事もトップでないと気が済みません。

闘争心が強く、不屈の精神で物事にあたります。

新しい分野に情熱を傾け、リーダーとして成功します。

欠点は自分勝手に物事を判断し行き当たりばったりな点です。

考えることよりも行動が先行するのでその分失敗も多いです。

我が強すぎて欲望が多く周囲とトラブルを起こすこともしばしばあります。

継続力がなく飽きっぽい点も欠点です。

新しいことに手をつけても途中で飽き、途中ほっぽりだして別の新しいことに着手します。

それでもやはり、0から1を生み出す牡羊座という存在は、社会の発展には不可欠な存在であることに違いありません。

恋愛

牡羊座は情熱的でスリリングな恋愛を生涯の中で何度か経験します。

愛する人には献身的で一直線に尽くす気持ちが強く、一目惚れをすることも多いです。

実る可能性が低い恋でも、積極的にアプローチしていきます。

また、牡羊座は恋を重ねることで魅力が増していく星座でもあります。

好きな人が出来るたびに自分に磨きをかけるタイプです。

ただし、人間をみる慎重さに欠け、一時の感情で突き進んでしまう傾向があります。

付き合ってみたら実は好きじゃなかったと後から気付くことも多々あります。

恋が成就すると急に冷めてしまうことも多い方。

相性

星座 相性
牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

おひつじ座×おひつじ座

衝突することが多い組み合わせ。

同じ星座同士は親近感がわくことも多いですが、牡羊座はとても我が強い星座なので混ざり合うことがない。

ただし、互いに自分の価値感を持っているので、仕事などでは新しい発想が生まれやすい組み合わせ。

人生に程よい刺激をもたらしてくれる。

切磋琢磨できる良きライバルのような関係。

恋愛では、気が合うときは心地いいくらいフィーリングが合う。

しかし喧嘩するときはとてもこの上なく激しく衝突する。

仲が良いと気と悪いときの差が激しい。

おひつじ座×おうし座

活力あふれる牡羊座と、温和な性格の牡牛座。

冒険心あふれる牡羊座と、内気な牡牛座。

全く異なる性質を持つ星座同士なので、歩調が合わないと感じることがあるかも。

ただし、互いに敬意を持って接することが出来れば、自分に持っていない部分を補完し合える関係とも言えます。

恋愛においては、やはり互いのペースが異なる点が気になるかも。

考えるよりまず行動の牡羊座と、行動する前にまず考える派の牡牛座なので、例えばデートや旅行の計画などは苦戦しそう。

お互いの違いを理解し合うところからスタートしましょう。

おひつじ座×ふたご座

牡羊座も双子座も、どちらもフットワークが軽く行動力がある星座同士。

友達ならとても波長が合い、一緒にいるだけで楽しい関係です。

ただし、同じ能力を持ち合わせる者同士なので、例えば仕事などではライバル関係になることも多い。

恋愛においては、アクティブに色々な場所にデートへ行ったりしたい2人なのでフィーリングは合うはず。

ただ、どちらも熱しやすく冷めやすいタイプなので、長続きしないケースが多い。

双子座は束縛されることを嫌うので、自由を尊重してあげることが長続きの秘訣。

おひつじ座×かに座

革新的な挑戦をするのが好きな牡羊座と、伝統や慣習を大切にする蟹座。

一人でも突き進むタイプの牡羊座と、グループや仲間を大切にする蟹座。

重なる部分がない、まさに正反対の性格といっていい2つの星座です。

案の定、同じコミュニティ内にこの2つの星座がいたら絶えず衝突するでしょう。

もし仕事で蟹座とうまく連携を取りたいのなら、チームワークを尊重してあげると良いでしょう。

また、蟹座は「相手に必要とされている」という意識を持っていたい、いわば保護者意識の強い星座。

恋愛では相手を立てて、頼りにしている雰囲気を作ってあげましょう。

おひつじ座×しし座

冒険心の強いおひつじ座と、変わり映えのない日常を嫌うしし座。

ですから、波長が合わないわけがありません。

相性はとても良く、同じ目標に向かって突き進める関係です。

ただし、しし座はプライドが高く目立ちたがり屋ですから、どっちが主導権を握るかで揉めることがあるかも。

褒めるべきところはしっかり褒めてあげ、妥協できる部分は譲ってあげる、ということを意識しましょう。

恋愛においても、情熱的な恋愛を求めるおひつじ座と、刺激的な恋愛を求めるしし座の相性はバツグン。

ドラマティックで燃えるような恋愛ができるはず。

おひつじ座×おとめ座

おひつじ座は考えるより行動派、おとめ座はしっかり分析してから行動派。

異なる性質を持つ星座ですが、混ざり合う性質なので譲歩が出来れば上手く付き合える。

おとめ座のプランニングをしておひつじ座の実行力を生かす。

おひつじ座がアイデアを出しおとめ座の分析力で精査する。

という風に異なる性質が上手くかみ合うと仕事で大きな成果を残せる。

自分にない資質を見出し、尊重できるかどうかがおとめ座と上手く付き合う秘訣。

恋愛において、おとめ座はとても慎重派なので、すぐに付き合えるとは思わない方がいいかも。

一度付き合ってしまえばおとめ座はとても誠実なので、おひつじ座の飽きっぽさが発揮されなければ長続きしそう。

ただし、おひつじ座はガサツでおとめ座は几帳面なので、同棲したりすると衝突が増えそう。

おひつじ座×てんびん座

自己顕示欲の強いおひつじ座と、空気を読んで調和を取るてんびん座。

2つの星座は相反する性格と言っていいでしょう。

さらに、相反する性格でありながら、てんびん座は空気を読むのが得意なので、衝突というより冷戦になりがち。

てんびん座は他人からの目を気にするので、よく褒めてあげると心を開いてもらえるかも。

恋愛において、情熱的な恋愛を好むおひつじ座と、ドライな恋愛を好むてんびん座。

やはりどこかすれ違いがある星座です。

おひつじ座は献身的に愛情を注ぎますが、てんびん座は同じ温度感で愛情表現を返してくれないので、やきもきすることが多いかも。

おひつじ座×さそり座

アグレッシブなおひつじ座と一見穏やかなさそり座。

ぱっと見では相反するように見える2つの星座。

ですが、さそり座は見た目以上に情熱や決意を胸に秘めている星座です。

互いに腹を割って本音で話すことが出来れば意気投合できるでしょう。

ただし、おひつじ座の飽きっぽさは、粘り強いさそり座には疎ましく映るので、仕事で協調するのは難しいかも。

恋愛において、さそり座は簡単に心を開きませんが、おひつじ座の持ち前の積極的なアプローチを継続していれば答えてくれるはず。

さそり座は心の深い繋がりを求めているので、じっくり話を聞いてあげて、理解を示してあげましょう。

おひつじ座×いて座

冒険心の強いおひつじ座と、自由をこよなく愛するいて座。

2つの星座はまさに相性バツグンです。

仲良くなれば国内外問わず、どこでも一緒に旅に出れるような、そんな関係です。

また、両者とも好奇心が旺盛なので、一緒に新しい趣味を始めたりするのも良いでしょう。

ただし、多くの人が関わる場面では、いて座はチームワークを重視する二重性を持ち合わせています。

ですから、3人以上で関わる場合、おひつじ座の人は自分勝手に行動しているとすれ違いが生じるかも。

恋愛において、いて座は追われると逃げがちな傾向があります。

いて座と付き合うなら、おひつじ座の人は恋に一直線な姿勢を抑えめにすると上手くいくでしょう。

おひつじ座×やぎ座

子供っぽい性格を持つおひつじ座と、冷静で大人びているやぎ座。

おひつじ座は「面白そうならやろう!」なのに対して、やぎ座は「やる意味があるかどうか」で判断。

間違いなく正反対の性格を持つ星座と言えるでしょう。

ただし、やぎ座は実はダイナミックに行動したい願望を胸に秘めています。

なので、やぎ座と協調したい場合には、精神論ではなく論理的に説得することを心掛けましょう。

恋愛面では、やぎ座はとても慎重派で真面目です。

おひつじ座が得意とする積極的なアプローチをし過ぎると、やぎ座は引いてしまうかも。

なので、やぎ座と付き合いたいおひつじ座の人は、自分がいかに誠実かをアピールしつつ、時間をかけて距離を縮めましょう。

おひつじ座×みずがめ座

チャレンジ精神にあふれる牡羊座と、夢や目標を常に抱いているみずがめ座。

ともに常識や型にはまらない性格なので、相性はとても良いです。

ただし、みずがめ座が抱く理想は非常に強いです。

その理想に反する夢や目標は断固として受け入れられないので、その価値感が合わないと協調できないケースも。

みずがめ座はオリジナリティを愛しているので、おひつじ座の人はみずがめ座の個性を褒めてあげると打ち解け合えるでしょう。

恋愛において、みずがめ座は何でも言うことを聞いてくれる人が苦手なので、おひつじ座の献身的な姿勢は少し抑えましょう。

また、みずがめ座は未知の世界を教えてくれる人を愛するので、「今までの異性とは違う」と思わせるようアピールしましょう。

おひつじ座×うお座

アグレッシブなおひつじ座に対して、うお座はとても繊細で控えめ。

自己主張の強いおひつじ座と、他人の意見に順応できるうお座。

まさにデコとボコの関係なので、何か共同で作業するのには適している性格です。

ただ、うお座の人と一緒にいると自分のペースが乱されることが多いかも。

うお座はハッキリとNoと言えない性格なので、言葉通りに受け止めず、じっくり本音を聞き出してあげましょう。

恋愛において、流されやすいうお座の人は、積極的にアプローチすれば付き合える相手です。

ただ、あまりにも積極的過ぎると、文字通り流されるまま付き合ってしまうのがうお座なので、付き合ってもすぐに別れる場合も。

もし長く付き合いたいと考えるのなら、積極的にアピールはしつつも、じわじわ心の距離を縮めてみてみましょう。

占い掲示板がオープンしました!
皆さん気軽に書き込んでください◎

スポンサーリンク
コメントを残す

three × two =

関連キーワード
おすすめの記事