元旦那と復縁するのはやめた方がいい?メリット・デメリットを考察

さまざまな理由があり、一度は離婚をした相手。

しかし、お互い離れたことで相手の良いところや大切さに気づき、復縁を考えている方もいますよね。中には、「復縁したいけどまた失敗したら…」と悩んでいる方も多いと思います。

そこで、今回は

  • 元旦那と復縁をした時のメリットとデメリット
  • 幸せな復縁をするためのコツ

この2点について考えていきましょう。

元旦那との復縁について詳しく知ることで、あなたにとってベストな決断をしてくださいね!

スポンサーリンク

元旦那と復縁するメリット

元旦那との復縁を考えていても、一度離婚を経験しているため「上手くやっていけるかな…」「また離婚したらどうしよう…」と不安になってしまうものです。

ただし、元旦那だからこそ上手くいく部分もあります。どのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

メリット1.お互いのことをよく理解している

離婚したといっても一緒に暮らした経験がある分、お互いのことをよく理解し知っていますよね。

悩みがあれば誰よりも気持ちを分かってあげたり、相手が望んでいることを察してあげたりということを自然にできるはずです

新しい相手であれば関係をイチから築かなければならず、お互いを理解するのにまた時間がかかります。さらに「こんな人だとは思わなかった…」という失敗をする可能性も。

お互いのことをすでに理解しているのは、元旦那だからこその大きなメリットといえるでしょう。

メリット2.離婚から学んだことを活かせる

「離婚した時と同じことをまた繰り返すのでは?」と不安に思ってしまいますが、離婚から学んだことを活かせば、より素敵な夫婦になれます。

もちろん失敗を反省することなく何も学んでいなければ、同じことを繰り返すかもしれません。

ただ、離婚したことで自分の欠点に気づき反省したり、相手を冷静に見ることができたり、結婚について深く考えたりといった経験をした方も多いはずです。

そんな経験を活かすことができれば、以前よりも絆が深まり、良好な夫婦関係を築けるはずですよ。

メリット3.子どもや生活への影響が少ない

新しい相手との再婚は、子どもや生活への影響が心配になるもの。「子どもと新しい相手は上手くいくかな?」「生活環境が変わって大丈夫かな?」と様々な心配事が溢れてきます。

ただし、それも元旦那となら心配不要。今までの生活をあまり変えることなく生活でき、再婚による影響は最小限ですみます。

特に、子どもは両親が揃った暮らしを望んでいることも多いですよね。

もちろん夫婦仲が険悪な場合は別ですが、家族全員でまた仲良く暮らせることは子どもにとって何より幸せなのです。これは元旦那と復縁する最大のメリットといえるでしょう。

元旦那と復縁するデメリット

復縁は元旦那だからこそのメリットがある一方で、デメリットもあることを忘れてはなりません。ここからは、元旦那と復縁するデメリットについて見ていきましょう。

デメリット1.失敗を繰り返してしまう

浮気やモラハラ、借金、性格の不一致など離婚の原因は人それぞれ。

こうした離婚の原因を反省し改善できれば良いのですが、同じ失敗を繰り返してしまう人が多いのも事実です。

離婚したあとは冷静になり悪いところを改善しようと努力するもの。夫婦仲が上手くいかなくなった原因も表向きには解決できたように感じます。

ただし復縁後しばらく経つと、反省の念も薄れて、残念ながら同じ失敗を繰り返してしまう夫婦がとても多いのです

元旦那とだからこそ起こりうるデメリットですので、こうした夫婦が多いことも合わせて復縁すべきかを考えましょう。

デメリット2.周囲の理解を得にくい

元旦那と復縁する人は、世間的にごくごく少数しかいません。そのため、周囲の理解を得にくくツライ思いをすることもあるでしょう。

特に関係の深い両親や友人は離婚する際に相談をしている場合も多く、復縁を反対される可能性も。

離婚原因を知っている分、心配だからこそ「また同じことになるだけ」「復縁なんてやめた方がいい」などの言葉をかけられることもあるでしょう

残念ですが、2人の復縁を理解し祝ってくれる人ばかりではないことを覚悟しておかなければなりません。

デメリット3.書類の手続きが面倒

復縁をした場合は、離婚時に変更した書類の手続きを再度行なう必要があります。特に、旧姓に戻している場合は手間がかかり、面倒に感じる可能性も

例えば、免許証やパスポート、クレジットカードといった多くの変更が必要です。

子どもがいる方は、離婚時に母親の戸籍に子どもを入れている場合も多いですよね。そうした場合には『入籍届』といわれる書類を役所に提出しなければなりません。

些細なことですが、あとで慌てないために元旦那との再婚であっても手続きが必要なことを把握しておきましょう。

幸せな復縁をするためのコツは?

元旦那と復縁をする場合、デメリットの存在は避けて通れない問題です。復縁をして上手くいくためには、どうしたらいいのでしょうか?

そこで、ここからは幸せな復縁をするためのコツを紹介します。

コツ1.本当に復縁をしたいのかじっくり考える

復縁後、また離婚という結果にならないためにも、まずは本当に復縁をしたいのかもう一度じっくり考えましょう。

  • 一時の感情だけで復縁を望んでいないか
  • 子どもが望んでいるだけではないのか

パートナーを失うと、悪いことは記憶から消え、楽しかった部分だけ残るのはよくあること。一人になって寂しいという感情もありますよね。

また、元旦那への愛情ではなく子どもが望んでいるからという理由で復縁を望んでいる方もいるかもしれません。

こうした一時の感情だけで復縁をしても同じ失敗を繰り返すことになります。じっくりと時間をかけて自分の心と向き合いましょう。

コツ2.離婚原因になったことを蒸し返さない

復縁が叶い、晴れて再び夫婦になれたら離婚原因を決して蒸し返さないことが大切。

また、元旦那の欠点や嫌な部分も復縁前にわかっていたことですので、あなたが大人になり受け入れる心の余裕をもつことも不可欠です。

そのためにも、やはり復縁前に離婚原因となった問題をしっかり解決することが重要ですよ。1%でもモヤモヤが残っているなら復縁は急がない方が賢明でしょう。

問題を根本的に解決して復縁を決意したあとは、心機一転、新しい気持ちで新婚生活を始めましょう。

迷っているなら電話占いで相談しよう!

「元旦那と復縁するメリットやデメリットはわかったけど、やっぱりどうしたら良いか決められない…」という方もいますよね。迷っている時は、ぜひ電話占いで相談してみませんか?

  • 復縁すべき?
  • 元旦那は私のことをどう思っている?

など様々な相談ができます。

占いは人生相談やカウンセリング的な要素もあるため、迷いや悩みを吐き出すことで客観的に物事が見られたり、心が軽くなったりという嬉しい効果も

一人で抱え込まずに、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。

まとめ

新しい相手とは違って、元旦那との復縁はさまざまな不安が付きまとうもの。元旦那との復縁だからこそ良い部分もあれば、もちろん悪い部分もあります。

ただし、お互いのことを思いやり本気でやり直そうという気持ちがあれば、絆は離婚前よりも深まるはずです。

自分の気持ちを大切にして、後悔のないよう決断をしてくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事