射手座(いて座)の性格を解説!自由を愛し現実感が少ない?
スポンサーリンク

基本情報

誕生日 11月23日~12月21日生まれ
二区分 男性サイン(積極的、外向的)
三区分 柔軟宮(神経質、周りに流されやすい)
四区分 火(精神)
支配星 木星(礼儀正しさ、自尊心)
紫色
宝石 紫水晶
数字 3(自由と活動)
キーワード 自由、探求

性格

自由を愛する

射手座は何より「自由」を愛する星座です。

ひとつの場所にとどまることを嫌い、色々な場所へ行くことを好みます。

制限されたり束縛されたりすることを嫌い、自分の意思で決定したがります。

二重性

自由を愛すると言っても自分勝手なわけではありません。

例えばチームワークが求められる場面では、きちんと周囲と協力することが出来ます。

この二重性はいて座の特徴でもあります。

冒険が好き

射手座は冒険をするのが好きな人が多い星座でもあります。

国内・海外問わず旅に出るのが好きな人が多い。

それは、単に旅行をしたいというより、異なる価値観に触れることで、自分の精神性を豊かにするため。

いて座の人は「自分探しの旅」に出たことがあるという人は多いのではないでしょうか。

精神世界に生きる

いて座は精神的な世界や哲学などを好みます。

自分の精神性や知性をより豊かにしたいという願望が強いです。

好奇心旺盛で、様々なことに興味を持ち、よく学びます。

仕事も勉強も、遊び感覚でこなすことができます。

現実感が少ない

いて座は理想の世界に生きすぎて、現実感が少ないのが欠点。

周囲からは、地に足がつかない人だと思われることが多いかも。

中には精神世界に生きすぎて、宗教などに狂信的になってしまう人も。

「生きる理由」を自問自答することも多く、人間の限界を知り、人生に絶望する人も多い。

恋愛傾向

束縛が大嫌い

自由を愛するいて座は、束縛されることを最も嫌います。

誰と遊ぶか、いつ連絡をするかなど、すべて自分の自由な意思で決めないと気が済みません。

毎日電話やメールで連絡することを強要されると嫌気がさすでしょう。

尊敬できる人を好む

いて座は自分よりも優れていて、尊敬できる人を恋人に選ぶ傾向があります。

自分よりも精神年齢が高く、頭が良い人を好みます。

それは、いて座の「自分の精神や知性をより高めたい」という願望によるもの。

いて座にとっての恋愛すらも自分を高める手段の一つなのです。

直感的

いて座は恋愛をする上で大事なのは何よりも「直感」。

付き合う前に「性格はどうか」「収入はどうか」など頭の中で色々と考えたりしません。

第一印象で「良い」と思えた相手に一直線で突き進みます。

追われると逃げる

直感で人を好きになる割に、いざ付き合って相手から強く求められると逃げてしまいがち。

いて座は自分だけでなく、相手にも「自由」でいて欲しいのです。

いて座は尊敬できる人を好みますから、自分よりも自由に生きている人に好意を抱くのです。

浮気性

いて座は移り気で浮気性です。

いて座は好奇心が旺盛で冒険することが大好きです。

一度行った場所よりも、まだ行ったことがない場所へ行きたがります。

その傾向は恋愛でも同じ。

新鮮さやスリルがなくなると別の異性に興味を抱いてしまいます。

つまるところ、いて座は自分がいつまでも新しい恋を追う立場でいたいのでしょう。

占い掲示板がオープンしました!
皆さん気軽に書き込んでください◎

スポンサーリンク
コメントを残す

1 × 3 =

関連キーワード
おすすめの記事